必死に頑張ったあの時期にも、 花まるです。

14711538_1258277637558053_401339271874410192_o

 

仕事で降り立った大阪市営地下鉄の駅。

この地下通路、毎日ママ友達と、
当時幼稚部だった子ども達と歩いたなー。

っていうか、

抱っこ抱っことせがまれて、
「歩きなさい!」と言うか、

歩いたと思ったら走り出して、
「待ちなさい!」と追いかけるか。笑

懐かしいなー。
と思っていたら、

改札口で、
下校する小学生の子ども達に、
手話で話しかけている
先生らしき人がいた。

今も、聾学校の子供たちは、
この駅を毎日通っているんだ。

ちょうど先生は子ども達を見送り、
地下通路で横に並んだ。

がまんできず、話しかけた。

「聾学校の卒業生の母なんです。」

当時の幼稚部の大恩師が、
地域の幼稚園への転勤のあと、
この春に戻ってきておられることを思い出し、

ぶしつけだったけれども、
名刺を託した。

そばに来ました、
ということだけでもお伝えしたくて。

仕事が終わり、
スマホを見ると、
その大恩師からメールが入ってた。

よかったら電話ください、と。

結局次の予定までの40分、
聾学校に先生を訪ねて行った。

先生はなんと、
私に連絡をとろうと、
1週間ぐらい前からメールをし、
(そのアドレス、今使っておらず><)

その日の朝も、
もう一つのアドレスにメールを下さっていたとのこと。
(朝早く出ていたのでPCメールチェックできず。)

そんなことは全く知らずに、
面会に行ったので、

っていうか、
名刺を託しただけなので、

なんというタイミング!と
二人で鳥肌たちました。

先生からのお願いごとも伺い、
私はなつかしい幼稚部の校舎で、
大好きな先生と逢えて、

やっぱりあの時、
見ず知らずの方とはいえ、
話しかけて名刺を託して大正解だったw

毎日、必死で、
聴こえにくい子どもに向き合ってた。
折れそうになったり、
壊れそうになる母親たちを、
先生がたは、がっちり支えてくださっていた。

やるべきこと、
やった方がいいこと、
それを見失わずに、
でも労りや、ねぎらいの気持ちをもって、
支えてもらったから、
ここまでやってこれたと思っています。

想像力と思いやり。
それを忘れず、人に接したいし、
言葉をつむぎたいと思います。

絵は苦手なのに、
言語の発育のために、
毎晩描き続けた絵日記。

必死に頑張ったあの時期にも、
花まるです。 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です