なぜか根拠のない確信です。

14681612_1262754720443678_4781913691669551039_n

 

家に帰ると、
役所に提出する診断書が、
大学病院から届いていた。

初診のころの所見にかかれているのは、
「先天性両側高度感音難聴。
意味のある言葉の発語はなし。」

医療ではどうにもならないけれど、
お母さんさえ頑張れば、
この子の言語は教育で伸びます。

意味のある発語がなかった息子は今、
大学生になり、
一人暮らしをしている。

息子の障がいをだしにして、
営利活動をするなんて、
と昔言われたことがある。

その時は、とても悲しかったし、
悔しかったし、怖かった。

でも今は、
だからこそわかったことや気づいたことが、
お役に立つと思うし、

恩返しという意味も含めて、
その世界の方々にも伝えていけたらと、
思っていると胸を張って言える。

明日は、いただいたご縁からのつながりで、
ろうあ会館の職員の方々50名に、
研修をさせていただく。

半数が聴者。
半数が、聴覚にハンディのある方々だと聞く。

聴こえにくい方たちにわかりやすいものは、
聴こえる人たちにも間違いなくわかりやすい。

そう思って、準備を重ねてきた。

その職員の方々の先にいる人たちのこともイメージして、
明日も取り組みたいと思っています。

きっといい時間になる。いい時間にする。
なぜか根拠のない確信です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です